今井雅之さんの遺作映画手をつないでかえろうよってどんな話なの?

この記事は2分で読めます

平成27年5月28日に大腸がんのためにこの世を去った俳優の今井雅之さん(享年54)。先日、今井雅之さんのお別れの会で、演出家・奈良橋陽子さん(68)が遺作映画「手をつないでかえろうよ」を来年の一周忌に向けて完成させたい考えを明かしました。この映画「手をつないでかえろう」のストーリーはどのようなものなんでしょうか?

スポンサードリンク

Sponsored Links

今井雅之さんの「手をつないでかえろうよ」について!?

今井雅之 手をつないでかえろうよ

演出家・奈良橋陽子さんが明かした遺作映画「手をつないでかえろうよ」。

故・今井雅之さんが原作・脚本演出・主演を手がけた舞台「手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~」が軸となるのではないでしょうか。

今井さんが、生前に「手をつないでかえろうよ」の映画実現の計画を練っていたようです。

「手をつないでかえろうよ」のストーリー

主人公は軽度な知的障害のある男性、真人(今井雅之)。

 

中学で「特殊」学級に入った真人は、ばかにされたりいじめられたりしながらも、同じ障害のある女性、咲楽(高橋明日香)と出会い、ぎこちない愛情表現を交わしながら、やがて結婚する。

真人は咲楽を守るため、罪を犯してしまう。咲楽との約束だった新婚旅行を思い起こすように、真人は京都府 天満立から伊勢神宮へ1人で車を運転して出かける。

 

そこにヒッチハイクで、おしゃべりな女子、麗子(さとう珠緒)が乗り込んできた。

 

彼女は車の中で真人に、「神とは?歴史とは?人間とは?」と問いかける。

そして、咲楽が残した「エッチと銭の間にあるものってな~んだ」というなぞなぞへの答えが、浮き彫りになっていく。

 

やがて、伊勢神宮についた麗子が、車の中に置き忘れていった箱には思いもかけないものが入っていた。

引用元:http://tetsuna.com

また、今井雅之さんはこの「手をつないでかえろうよ」について次のようなメッセージを残しています。

スポンサードリンク

 

今井雅之さんからのメッセージ!

今井雅之 手をつないでかえろうよ

戦後69年ですが、世界各コクで紛争、戦争がなかった時代は、ほとんどないです。

かならずどこかで争いが起きています。

 

でも、こうやって話し合えば、「人を殺すのはよくないですね」と言えば。みんなよくないと言います。

だけど、紙が違ったり、色が違ったり、住んでる土地が違うだけで、戦争が起きる。

 

何で争い事がおきるのだろう、と自分の中でずっと思っていました。

 

争い事を戦争であらわすのではなく、なぜ人間というのは、そうやって争いことを起こすのだろう、というのを何とか上手い方法で描けないものだろうか、と思って、考えたのが、この「手をつないでかえろうよ」です。

 

好きな人、あるいは家族とで見ていただけたら、最後には手をつないで、夕食を食べにいこうかと思えるようなあったかい舞台になっていると思います。

 

どうやって人は死んでいくのかではなく、いかに生きていくか。

 

日々、一瞬一瞬を生きていくかというテーマになっています。

引用元:http://tetsuna.com

生前、今井雅之さんの「手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~」のコメントムービーがありましたので載せておきますね。

今回は「今井雅之さんの遺作映画手をつないでかえろうよってどんな話なの?」について書いてみました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. マット・デイモン 映画オデッセイ
  2. インサイドヘッド ディズニー映画
  3. 鈴木梨央 映画リトルプリンス星の王子さまと私
  4. 阿部寛 映画「エヴェレスト 神々の山嶺」
  5. アントマン アベンジャーズ
  6. NARUTO BORUTO
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

  1. 定岡遊歩 定岡正二の甥 りゅうちぇる似 プロフ 彼女
  2. トランプ大統領 JFK暗殺事件の秘密ファイル
  3. 広海深海 彼氏
  4. ロバート秋山 チョコCM マイクロズボラ
  5. ンバレルーヤ よしこ まひる

カテゴリー別

  1. 倉科カナ 映画珍遊記
  2. マット・デイモン 映画オデッセイ
  3. 阿部寛 映画「エヴェレスト 神々の山嶺」
  4. スター・ウォーズ フォースの覚醒
  5. 鈴木梨央 映画リトルプリンス星の王子さまと私

スポンサードリンク

スポンサードリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。