ディズニー映画インサイド・ヘッドが米国ではアナ雪超え大ヒット!

この記事は3分で読めます

2015年夏のディズニー映画「インサイド・ヘッド」。すでにアメリカでは公開されており、オリジナル作品として世界一の興行収入が!ピクサー20周年記念映画としても注目を浴びる作品!「アナと雪の女王」以来の大ヒットを記録しそうな勢いがあるようですね♪

スポンサードリンク

Sponsored Links

ディズニー映画インサイド・ヘッドってどんな映画なの?

インサイドヘッド ディズニー映画

この映画「インサイド・ヘッド」はピクサー長編アニメーション20周年記念作品。

すでにアメリカでは公開もされてかなりの高評価を得ているようですね!

 

興行収入においても公開3日間で、9,100万ドルを突破!

完全オリジナル作品として歴代No.1のスタートと好発進なんですって♪

「アナと雪の女王」は6,700万ドル

「ベイマックス」でも5,600万ドルとはるかに凌いでますね。

 

また、興行収入だけでなく、オープニング成績もオリジナル作品としては、なんとあの映画「アバター」を抜いて歴代1位なんですって!

これにはオドロキですね!

 

映画「アバター」は当時かなりの話題にもなっていましたが、それを抜いての歴代1位!

果たしてこの映画はどんな内容になっているのでしょうか?

 

それではこの映画「インサイド・ヘッド」のストーリーなどを見ていきましょう♪

スポンサードリンク

 

映画「インサイド・ヘッド」のストーリー

なぜ、カナシミは必要なの・・・?これは、あなたの物語ー

 

もっと自分が好きになるーこれは、あなたの物語。

誰もがもっているのに誰もみたことがない無限に広がる頭の中の世界で”感情たち”が繰り広げる感動の冒険ファンタジー!

 

ヨロコビ、カナシミ、イカリ、ビビリ、ムカムカ、すべてがあなたの一部。

必要じゃないと思っていたカナシミの感情が必要な理由とそれに気づいたとき、あなたは、自分をもっと好きになる。

 

いつでも笑っていたいのに、なぜカナシミは必要なの?

 

11歳の女の子、ライリーの頭の中に存在する5つの感情たちーーーヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、そしてカナシミ。彼らは、ライリーを幸せにするために奮闘の日々。

だが、ライリーを悲しませることしかできないカナシミの役割だけは、大きな謎に包まれていた...。

 

そんなある日、見知らぬ街への引っ越しをきっかけに不安定になったライリーの心が、感情たちにも大事件を巻き起こす。

 

あたまのなかの”司令部”からヨロコビとカナシミが放り出され、ライリーは2つの感情を失ってしまったのだ!

 

このままでは、ライリーの心が壊れてしまう!

 

果たして感情たちは、ライリーの危機を救うことができるだろうか?

そしてカナシミに隠された、驚くべき〈秘密〉とは・・・?

引用元:http://www.disney.co.jp

こちらは映画「インサイド・ヘッド」の予告動画です↓

スポンサードリンク

 

ディズニー映画インサイド・ヘッドのキャラクターは?

インサイドヘッド ディズニー映画

映画「インサイド・ヘッド」に出てくるキャラクターの前に、少女ライリーについて!

 

ライリーは、アイスホッケーが得意で元気な11歳の女の子。

自然に囲まれたミネソタ州でのアウトドアライフに幸せを感じていたが、

ミネソタを離れ、友達のいない都会のサンフランシスコに引っ越すことになり、

ライフスタイルが急変!

それをきっかけに物語では感情たちによって支えられています。

インサイドヘッド ディズニー映画

少女ライリーの頭の中の”5つの感情たち”ヨロコビ、ムカムカ、カナシミ、イカリ、そしてビビリがいます。

ヨロコビ

物語の重要キャラクター”ヨロコビ”

ポジティブでテンションが高く、いつも明るい彼女は、感情たちの盛り上げ役でもある。

ただ、たまに空気が読めないが、その名の通り主人公の”喜び”の感情そのもの。

 

ムカムカ

嫌いなものを遠ざけて守る”ムカムカ”。

気分屋でせっかち、過保護な性格をしている。

他人に対する期待が高く、すぐに感情を損ねてしまう...。

カナシミ

”ヨロコビ”のアイデアをことごとく否定する癖のある”カナシミ”。

本当はポジティブになりたいけど、どうしてもなれないマイナス思考の持ち主。

自分のネガティブ発言に落ち込んでしまう。

このカナシミがこの物語のキーキャラクターのようです。

 

イカリ

”イカリ”はどれだけ他の感情たちが頑張っていても満足できない。

イカリを持ってしてそれを表現するのが特徴で売られたケンカは絶対買う!

それでいて、一度切れたら止められない...激しい炎のようなキャラクターです。

 

ビビリ

ライリーを守ろうとするばかり、いつも怖がっているのが”ビビリ”。

特に危険や災難を予想、察知する能力にかけては飛び抜けています!

ただ、常にほとんどの出来事を危険と判断してしまい、やりすぎなところも...。

しかし、その一方で平和主義者でもあり、ライリーが両親ともめ事をしないように、しっかりと両親と対話することを望んでいるような一面もあります。

 

今回は「ディズニー映画インサイド・ヘッドが米国ではアナ雪超え大ヒット!」について書いてみました。

もうすぐ日本でも公開!

ぜひ友達やファミリーで観られてはいかがでしょう!?

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 映画PANネバーランド、夢のはじまり ヒュー・ジャックマン
  2. 阿部寛 映画「エヴェレスト 神々の山嶺」
  3. NARUTO BORUTO
  4. 倉科カナ 映画珍遊記
  5. アントマン アベンジャーズ
  6. 今井雅之 手をつないでかえろうよ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

  1. 定岡遊歩 定岡正二の甥 りゅうちぇる似 プロフ 彼女
  2. トランプ大統領 JFK暗殺事件の秘密ファイル
  3. 広海深海 彼氏
  4. ロバート秋山 チョコCM マイクロズボラ
  5. ンバレルーヤ よしこ まひる

カテゴリー別

  1. 倉科カナ 映画珍遊記
  2. マット・デイモン 映画オデッセイ
  3. 阿部寛 映画「エヴェレスト 神々の山嶺」
  4. スター・ウォーズ フォースの覚醒
  5. 鈴木梨央 映画リトルプリンス星の王子さまと私

スポンサードリンク

スポンサードリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。