映画ジュラシック・ワールド日本公開日繰上決定!そのあらすじは?

この記事は4分で読めます

映画「ジュラシック・ワールド」は「ジュラシック・パーク」の最新作!あのスティーブン・スピルバーグが製作総指揮者になり、進化した最先端テクノロジーを駆使し、壮大なスケールで恐竜をテーマにした映画。6月12日(金)に全米で公開初日を迎え、オープニング週末3日間の興行成績が全世界合計で5億ドルを突破!!なんと映画史上初のオープニング興行収入で歴代1位に!その気になるストーリーなどを調べてみました。

スポンサードリンク

Sponsored Links

ジュラシック・ワールド

全米では2015年6月12日(金)に早くも公開となった映画「ジュラシック・ワールド」。オープニング週末の3日間で興行収入が5億1180万ドル(約630億円)5億ドルを超えるなんて凄すぎですね!

過去には、オープニング週末興行収入としては

1.4億8320万ドルの「ハリー・ポッターと死の秘宝PART2」(2011年公開)

2.3億9760万ドルの「ワイルド・スピード SKY MISSION」(2015年公開)

3.3億9400万ドルの「ハリー・ポッターと謎のプリンス」(2009年公開)

4.3億9250万ドル「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」(2015年公開)

があった。

 

これらを見ても、今回の映画「ジュラシック・ワールド」の人気がわかりますね!

日本の公開予定日は2015年8月7日(金)となっていましたが、

これに伴い、急きょ

8月5日(水)と予定よりも2日早い公開が決定

しました!

スポンサードリンク

 

映画ジュラシック・ワールドのストーリーや予告動画は?

映画ジュラシック・ワールドのストーリー(※ネタバレ注意!)

ジュラシック・ワールド イスラ・ヌブラル島

イスラ・ヌブラル島で起こった「ジュラシック・パーク」の事件から22年後、インジェン社はマスラニ・グローバル社(マスラニ社)に買収され、島はサイモン・マスラニ社長の所有に渡る。

ジュラシック・ワールド イルファーン・カーン

マスラニ社は、故ジョン・ハモンドが夢見たテーマパーク「ジュラシック・ワールド」を実現させ、パークは今や世界中からの旅行者でにぎわう人気の観光施設として成功している。

ジュラシック・ワールド タイ・シンプキンス 

パークの運営責任者のクレア・ディアリングは、訪ねてきた甥のザックグレイに構う間もないほど、忙しく働いている。クレアは2人をアシスタントのザラに任せ、オーナーのサイモンと遺伝子操作によって生み出された初のハイブリット恐竜インドミナス・レックスについて話し合う。

ジュラシック・ワールド クリス・プラット 

サイモンは、インドミナスを飼育するための防壁が適当かどうか、ヴェロキラプトル(ラプトル)の調教師であるオーウェン・グラディに評価させるよう、クレアに命じる。

ジュラシック・ワールド ヴィンセント・ドノフリオ

インジェン社の警備部門長のヴィック・ホスキンスはオーウェンと会い、ラプトルを兵器として利用する話を持ちかける。その時飼育員の一人が4頭のラプトル(ブルー、チャーリー、デルタ、エコー)が暮らす飼育エリアに落下してしまう。

 

オーウェンは自ら飼育エリアに入って辛くも飼育員を救いだすも、ホスキンスはラプトルの脅威を目の当たりにする。

 

クレアがオーウェンのバンガローを訪れ、マスラニからの要請を伝える。

二人は依然にデートに出かけたことのある仲だったが、性格の不釣合いでその後交流していない。

 

オーウェンは渋々要請を受け入れ、インドミナスの飼育エリアに向かう。飼育エリアに着いたオーウェンと二人の飼育員は、インドミナスを探すが恐竜の姿はどこにも見当たらない。

ジュラシック・ワールド インドミナス 

三人は防壁内部に入って恐竜を捜索するが、待ち伏せしていたインドミナスが現れ飼育員2人を殺し防壁を突き破ってオーウェンを追いかける。オーウェンは自動車の下に隠れ自分の匂いを消すためにガソリンを浴びてインドミナスの追跡を逃れる。

 

 

管理棟に戻ったクレアはACU(Asset Containment Unit – 資産管理部隊)を出動させインドミナスを追跡させるが、インドミナスは保護色を使って舞台をかく乱し、捕獲作戦は失敗する。

クレアはパークの北半分を閉鎖し、来場客全員をパーク中央のメインエリアに避難させる。

 

ジャイロスフィア(ガラス球体の様な自動車)でパーク内を散策しているザックとグレイは、避難指示を無視して森林にエリアに入る。そこにインドミナスが現れ二人を襲う。兄弟たちは滝壺に飛び込んで危機を逃れ、遺棄された旧ジュラシック・パークのビジターセンターに辿り着く。

 

二人はそこで古いジープを修理し、パークに戻るため走り去る。甥の二人を探すクレアとオーウェンが、そのすぐ後にビジターセンターに着くが、インドミナスが現れ二人を攻撃する。

 

マスラニは自らヘリコプターを操縦しインドミナスを追うが、その過程で翼竜が飼育されているドームを破壊してしまう。プテラノドンやディモルフォドンがドームから飛び出し、ヘリコプターは墜落しマスラニは死亡する。

 

ザックとグレイがパークのメインエリアに戻ったときに、野放しになった翼竜たちが来場者たちに襲いかかっている。ザラは兄弟が戻ったことに気づくが、プテラノドンにさらわれモササウルスの暮らす湖エリアに落下し犠牲となる。

 

メインエリアに戻ったオーウェンとクレアは兄弟と無事合流し、翼竜を撃退しながら管理棟を目指す。

 

管理棟では、パークの実質的指揮権を握ったホスキンスがラプトルを兵器として利用しインドミナスを追う作戦を立てており、渋々その作戦に協力することにしたオーウェンは、ラプトルたちの頭にカメラを付けて放ち、ACUのチームとともにバイクであとを追う。

 

オーウェンたちはインドミナスを発見するが、ラプトルのDNAを有するインドミナスはラプトルたちと意思疎通し、人間を襲わせる。一頭のラプトルはロケットランチャーで射殺されるが、残りの3頭とインドミナスはジャングルの中に消え去る。

 

インジェン社の遺伝子研究所に戻ったオーウェン、クレア、ザック、グレイはそこで、荷物をまとめて逃げようとしているホスキンスを見つける。彼はすでに遺伝学者のウーをはじめ、残りの人員すべてをインドミナスの受精卵と共に島から脱出させていた。

 

そこへ一頭のラプトルが現れホスキンスは食い殺し、4人はその隙に研究所から抜け出すが、目抜き通りで遂に3頭のラプトルに囲まれてしまう。

 

オーウェンは、ラプトルたちをもう一度人間側につかせるように語りかける。3頭はオーウェンの指令を聞き入れ落ち着いた状態になる。そこへインドミナスが現れ、ラプトルの裏切りを知ったインドミナスはブルーを壁に叩き付け気絶させる。

 

オーウェンは残る2頭のラプトルたちと共に立ち向かうが歯が立たず、ラプトルたちは殺され、オーウェン、ザック、グレイはインドミナスに追い詰められてしまう。

 

クレアは最後の賭けとしてティラノサウルス・レックスを飼育エリアから解放し、発煙筒でインドミナスの下へ誘導する。二頭の肉食恐竜は激しくぶつかり合うが、インドミナスの力はティラノサウルスをも凌駕していた。

 

動けなくなったティラノサウルスにインドミナスがとどめを刺そうとした時、ブルーが現れインドミナスに飛びかかっていく。その隙に反撃に転じたティラノサウルスはブルーと共にインドミナスを激しく攻め立て、劣勢となったインドミナスは湖エリアの縁へと追いつめられる。

 

尚も二頭に対して闘志を剥き出しにするインドミナスだが、湖から飛び出したモササウルスに食らいつかれ、水中に引きずり込まれて絶命する。ティラノサウルスはブルーを襲うことなく立ち去り、ブルーはオーウェンに最後の一瞥(いちべつ)をくれた後、何処かへと消えていった。

 

オーウェン、クレア、グレイ、ザックはコスタリカの避難所に到着し、兄弟は両親と再開する。朝を迎えた島ではティラノサウルスが崩壊したパークを見下ろし、王者の如く咆哮を轟かせていた。

 引用元:wikipedia

スポンサードリンク

 

映画ジュラシック・ワールドの予告動画や特別映像

映画ジュラシック・ワールドの特別映像はこちら↓

映画ジュラシック・ワールドの第1弾日本予告はこちら↓

映画ジュラシック・ワールドの第2弾日本予告はこちら↓

映画ジュラシック・ワールドの60秒予告はこちら↓

今回は「映画ジュラシック・ワールド日本公開日繰上決定!そのあらすじは?」について書いてみました。

映画ジュラシック・ワールドの公開日が待ち遠しいですね!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. スター・ウォーズ フォースの覚醒
  2. 進撃の巨人 石原さとみ
  3. ミニオンズ  映画
  4. NARUTO BORUTO
  5. 今井雅之 手をつないでかえろうよ
  6. マット・デイモン 映画オデッセイ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

  1. 定岡遊歩 定岡正二の甥 りゅうちぇる似 プロフ 彼女
  2. トランプ大統領 JFK暗殺事件の秘密ファイル
  3. 広海深海 彼氏
  4. ロバート秋山 チョコCM マイクロズボラ
  5. ンバレルーヤ よしこ まひる

カテゴリー別

  1. 倉科カナ 映画珍遊記
  2. マット・デイモン 映画オデッセイ
  3. 阿部寛 映画「エヴェレスト 神々の山嶺」
  4. スター・ウォーズ フォースの覚醒
  5. 鈴木梨央 映画リトルプリンス星の王子さまと私

スポンサードリンク

スポンサードリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。