山本太郎議員の質問に答えられない安倍晋三首相の安保法制大丈夫?

この記事は3分で読めます

「(他国の)戦争に巻きこまれることは絶対にないと断言したい」と述べる安倍晋三首相。従来の憲法解釈を変更して集団的自衛権の行使を認めたことに対して、国会では野党から「米国の戦争に巻き込まれるのではないか」と懸念されていますね。そこで7月29日の国会で山本太郎議員が安倍首相と安保法制について質問追及を行った結果、小学生でも「えーっ!?」って思うような安倍首相の考えが分かった!

スポンサードリンク

Sponsored Links

山本太郎議員の質問に答えられない安倍晋三首相の安保法制大丈夫?

安倍晋三首相 山本太郎議員

安倍晋三首相は「国民の生活を守るため安保法制は必要」と言っていますね!

でも、国民の生活を守るため安保法制は本当に必要なんでしょうか?

 

安保法制の審議が参議院に移ると、安倍首相は中国を名指しした上、

「場合によっては日本が先制攻撃することになる」と発言しました。

「?」

「日本が先制攻撃?」

ちょっと発言が「国民の生活を守るため」から離れているような内容になっていますよね。

 

そこで、そんな安倍首相に対し、7月29日の国会において山本太郎議員が質問しました。

その質問は「原発にミサイルを撃ち込まれたらどうする?」という内容です。

安倍晋三首相 山本太郎議員

実際に安倍首相は「安保法制」は必要!

「国民の生活を守る!」と言っていますね。

 

日本の首相が「もしも原発にミサイルを撃ち込まれたらどうするんですか?」という質問に対して、

「国民の生活を守る!」と言っているのだから国民としては、しっかりとした対応や考えを述べてほしいですよね!

スポンサードリンク

 

安倍晋三首相VS山本太郎議員の国会においてのやり取りの動画↓

 

山本太郎議員の質問に対して、安倍首相から帰ってきた返答は「弾道ミサイルの脅威に対応するため各種趣味レーションや訓練を行っている」と話しながらも「他国などからの弾道ミサイル攻撃に関する想定については、政府として特定の施設についてお答えすることは差し控える」という回答。

 

そこで山本太郎議員は「総理、様々な事態を想定し、各種趣味レーションを行っているそうでございますが、川内原発の稼働中の原子炉が弾道ミサイル等攻撃の直撃を受けた場合、最大でどの程度、放射性物質の放出を想定していらっしゃいますか?」とさらに具体的に質問。

 

東北大地震でも問題になった原発問題。

勿論、政府としてはこのことについて、しっかりと回答してほしい質問ですね。

スポンサードリンク

 

この質問については、安倍首相が回答するのではなく、原子力規制委員会の田中俊一委員長が回答。

「弾道ミサイルが直撃した場合の対策は求めておりません」

さらには

「川内原発1・2号機で何かが起こっても、放射線物質の放出量は『福島第一原発で放出された1000分の1以下』と想定している」と答えた。

 

山本太郎議員はこれに対して

要はシュミレーションしていないんだと、シュミレーションしないんだという事をおっしゃったんですよね?」

「みなさん、どう思いますか?弾道ミサイルが着弾したとする。

その他にいろんなミサイルが着弾したとして、原子力施設を破壊されて、福島の東電原発の1000分の1の放出量で済むと思いますか?っていう話なんです。思えませんよね」

「仮定の話って言っているけれども、やっぱり仮定の話っていうと、これ、答えるの難しいものなんですかね?」と返すと

 

安倍首相は「武力攻撃事態はですね、その手段、規模の大小、攻撃パターンが異なることからですね、実際発生する事態も様々であり、一概にお答えすることは難しいという事でございます。」と逃げの回答。

 

さらに山本太郎議員は「(もし弾道ミサイルが川内原発に撃ち込まれた時)防災計画作成の必要性は最大で何キロメートル圏の自治体に及ぶと想定していますか?」と質問。

 

これに対しての安倍首相の回答はなかった...。

そのかわりに返答したのが大庭誠司内閣官房内閣審議官。

「事態の推移に応じて避難の範囲を決定する」と回答。

 

この回答、「事態が起こってから考える」と言っており、

さすがに山本太郎議員は

「要は一度、被ばくしていただくという話ですよ。実測値で測っていくしかないっていう話ですよ。こんないい加減な話あるかよ

 

実際に何かあった時にはもっとも標的になるかもしれないとされる原発。

それに関して安倍晋三首相は何も検討はしていないようですね。

北朝鮮や中国の脅威をあおることはするが、実際になにかあったときの対処などは一切考えていないという事になる。

 

東北大震災であれだけの被害が出た原発。

弾道ミサイル等で攻撃されれば、かなりの被害になることは小学生でもわかりそうな話ですよね。

 

安倍首相の「国民の生命を守るため安保法制は必要」と言っているも実際には国民のことなどは一切考えていないことが今回の山本太郎議員の質問で明らかになりました。

 

こちらが安倍晋三首相VS山本太郎議員の国会においてのやり取りの動画↓

 

残念なのは今回のことがニュースなどのメディアが一切取り上げていないこと!

果たして安倍晋三首相の安保法制は大丈夫なんでしょうか?

 

今回は「山本太郎議員の質問に答えられない安倍晋三首相の安保法制大丈夫?」について書いてみました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. トランプ大統領 JFK暗殺事件の秘密ファイル
  2. ネパール地震 エレベスト雪崩
  3. アカカミアリ 刺される 症状 対処法
  4. 木村沙織結婚 日高裕次郎年収
  5. 口永良部島噴火 レベル5
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

  1. 定岡遊歩 定岡正二の甥 りゅうちぇる似 プロフ 彼女
  2. トランプ大統領 JFK暗殺事件の秘密ファイル
  3. 広海深海 彼氏
  4. ロバート秋山 チョコCM マイクロズボラ
  5. ンバレルーヤ よしこ まひる

カテゴリー別

  1. トランプ大統領 JFK暗殺事件の秘密ファイル
  2. アカカミアリ 刺される 症状 対処法
  3. 長友佑都 インテル
  4. 木村沙織結婚 日高裕次郎年収
  5. 大寒波 大雪

スポンサードリンク

スポンサードリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。