インフルエンザの症状 予防と対策について

この記事は2分で読めます

 

最近まわりではインフルエンザが大流行していますね。

私の周りでもインフルエンザになってしまったとか、子供がかかりました。といった声を聞きます。

そこで今回はインフルエンザについて調べてみました。

スポンサードリンク

Sponsored Links

インフルエンザの症状って!?

インフルエンザの症状は次の通りです。

□ 38℃以上の発熱

□ 頭痛

□ 関節痛、筋肉痛などの全身症状

これに併せて普通の風邪の症状

のどの痛み

鼻汁

などの症状があります。

高熱が出るので、お子様の場合、まれに急性脳症になるケースや、ご高齢の方の場合はインフルエンザから肺炎になってしまって入院したなど重症になることがあるようです。

なかには「38℃以上の高熱」とありますが、熱があまり出ていない人でも検査してみたらインフルエンザにかかってしまっていたという例もありますので注意が必要ですね。

 2015年1月22日 インフルエンザ症状2

 

インフルエンザの予防について

インフルエンザの予防方法は

1.流行前の予防接種

インフルエンザは例年12月から3月に流行し、1月から2月にピークを迎えますね。

ワクチンを接種されてから効果が出るまで約2週間ぐら必要とされるので例年12月中旬までにワクチン接種を終えることが望ましいとされています。

 

※現在国内で用いられている不活化のインフルエンザワクチンは、感染を完全に阻止する効果はありませんが、インフルエンザの発症を予防することや、発症後の重症化や死亡を予防することに関しては、一定の効果があるとされています。(厚生労働省のHPより抜粋)

 

2.外出後の手洗い

流水・石けんによる手洗いは手指などについたインフルエンザウイルスを除去するために有効とされています。特に爪と指先の間は細菌がついていますのでインフルエンザに限らず病気の予防にも効果的ですね。

 

3.睡眠と食事

睡眠不足やかたよりがちな食事は身体の免疫が低下します。

十分な睡眠と栄養バランスのよい食事を日ごろから気を付けたいものです。

スポンサードリンク

 

4.咳エチケット

2015年1月22日 インフルエンザ症状3

インフルエンザは飛まつ感染と言って、インフルエンザになっている人の咳やくしゃみで出た「水滴」が 空中にでて、それを他の人が呼吸することで吸い込んだりして感染します。 うつさないないように次のことを気を付けましょう。

◆咳やくしゃみを人に向けてしない。

◆咳やくしゃみがでる時はマスクをする。

◆手のひらで咳やくしゃみを受け止めたときはすぐ手を洗う。

以上のことを気を付けましょう。

 

5.湿度の保持

空気が乾燥すると気道粘膜の防衛機能が低下するのでインフルエンザにかかりやすくなります。

水分を十分に補給しましょう。

マスクを着用することで保湿効果もあります。

部屋も暖房などを使うことでより乾燥しますので、加湿器などを使って湿度(50~60%)を保つことが効果的ですね。

 

6.人混みを避ける

インフルエンザ流行時は、特に人混みに行くほど感染する確率が高くなります。

必要最低限の外出や、人混みにならない時間帯に移動するように心がけましょう。

特にご高齢の方や、妊婦や乳幼児、睡眠不足な方、糖尿や免疫低下などの疾患をお持ちの方は避けましょう。

スポンサードリンク

今回はインフルエンザの症状、予防および対策について書いてみました。

やはり、風邪もそうですがインフルエンザもかかりたくありませんよね。

かからないためにも、しっかりとした予防と対策が必要ですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ネギ 口臭 改善
  2. 朝活 やる気
  3. 海の納豆
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

  1. 定岡遊歩 定岡正二の甥 りゅうちぇる似 プロフ 彼女
  2. トランプ大統領 JFK暗殺事件の秘密ファイル
  3. 広海深海 彼氏
  4. ロバート秋山 チョコCM マイクロズボラ
  5. ンバレルーヤ よしこ まひる

カテゴリー別

  1. ヒアリ 刺される 症状 対処法
  2. ネギ 口臭 改善
  3. 鼻づまり 目のかゆみ
  4. 子宮 水が溜まる 病気
  5. のど 骨刺さる

スポンサードリンク

スポンサードリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。